ed治療薬ジェネリック比較

ed治療薬ジェネリック比較/安全性や通販について詳しく説明

ed治療薬ジェネリック比較

 

ED治療薬の代表的なものは「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」の3種類ですが、それぞれにジェネリック薬が存在します。

 

バイアグラの特許期限が満了した事により、国産のバイアグラジェネリックが発売されたことが話題になりましたが、インド製の物に比べると値段が高いため飛ぶように売れると言う状況ではないようですね。

 

「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」はジェネリック薬も含めて、それぞれに特徴があります。

 

バイアグラ(ジェネリック)は、シルデナフィルを成分としており、効果の持続時間は5時間程度ですが空腹時に服用したばあい、早い人ですと30分程で効果を実感できます。

 

レビトラ(ジェネリック)は、バルデナフィルを成分としていて、20mg錠ですと最大10時間効果が持続します。

 

空腹時に服用した場合、早い人ですと20分程度で効果が実感できるほどの即効性があります。

 

シアリス(ジェネリック)は、タダラフィルを成分としており、効果の持続時間は20mg錠で最長36時間という長さが特徴のため、別名「ウイークエンドピル」とも呼ばれています。

 

気になる副作用は、3種類ともほぼ共通で、「頭痛」「動悸」「顔のほてり」「目の充血」「鼻づまり」などが現れると言われています。

 

バイアグラ、レビトラ、シアリスはどれも、性的刺激により勃起を促す効果があるんです。

 

服用すれば勃起するという、いわゆる「精力剤」ではないんです。

 

また、共通の併用禁忌薬(飲み合わせの相性が悪い薬)として、ニトログリセリンなどの硝酸剤(飲み薬・貼り薬・吸入薬・舌下錠・塗り薬・注射・スプレーを含みます)があります。

 

硝酸剤を併用して服用すると、急激に血圧が下がってしまい最悪の場合死亡する危険性があるんです。

 

いずれにしても、現在薬を服用している方は、主治医に相談されることをお薦めします。

 

3種類のED治療薬を比較して自分に合ったお薬知りたい方は次のページから詳しく説明しています。

 

3種類のed治療薬ジェネリック比較

 

ed治療薬ジェネリックには大きく分けて3系列のお薬があります。

 

1.バイアグラ系 カマグラゴールドなど

 

2.レビトラ系  ジェビトラなど 

 

3.シアリス系  タダシップなど

 

バイアグラ、レビトラ、シアリスに比べて名前は知られていませんが効果はそれぞれの薬と同じです。

 

ed治療薬ジェネリックの最大の魅力である価格を表にしてみました。
先発薬と比べてみてください。

 

 

1. バイアグラ 25mg1錠1300円  50mg1錠1500円
カベルタ  25mg1錠117円
カマグラゴールド 50mg1錠131円

 

2. レビトラ   10mg1錠1500円 
サビトラ 10mg1錠106円

 

3. シアリス 20mg1錠2000円
タダリス 20mg1錠178円

 

 

 

このように、先発薬に比べるとed治療薬ジェネリックは約1割弱の値段で購入することが出来るんです。

 

ed治療薬ジェネリックで、値段が安いと気になるのは品質ですよね。

 

ed治療薬ジェネリックの製造販売が可能なのは、インドの大手製薬会社のみです。

 

安い理由は、低所得者でも購入できるように国策に守られている面があるからです。

 

国の医薬品政策なので、製造現場も薬事管理されており安全に製造されているんです。

 

このようないわゆる「正規品」を購入すれば、何も問題はないんですが、現在通販などで流通しているED薬の約6割は「ニセモノ」という調査結果もあるくらい「ニセモノ」が多い薬なんです。

 

ジェネリックを購入する際には、信頼できる個人輸入代行業者を選ぶ事がなにより重要になります。

 

ネット上のサイトで、信頼できる個人輸入代行業者かどうかを判断する場合、極端に安い価格を提示している業者は要注意です。

 

いくらed治療薬ジェネリックが安いとは言っても、製造に関する費用や人件費などの必要経費が掛かるので、非常識な値段で販売する事は出来ません。

 

また、NTTのハローページなどに業者としての登録のないサイトなども怪しいと思ってください。

 

自社の商品に自信があれば、正々堂々と所在地や連絡先などを公表しているはずです。

 

さらに、クレジットカードで決済が出来るかどうかも、悪質な業者を判断する基準になります。

 

優良な業者であれば、クレジットカード会社の審査にも合格しているはずなので、クレジットの取り扱いが出来るはずなんです。

 

たとえ悪質な業者から「ニセモノ」を購入したとしても、服用して予期しない副作用が出なければ幸いですが、不衛生で劣悪な環境で作られている「ニセモノ」には身体によくない成分が混入している可能性があるので、怖いですよね。

 

ed治療薬ジェネリック比較の更に詳しい情報はこちらをご覧ください

 

ed治療薬ジェネリック効果

 

ジェネリックの効果の特徴は、先発薬である「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」それぞれの特徴と同じです。

 

1.カベルタ・ カマグラゴールド 

 

即効性があり、持続時間は5〜6時間です。

 

食事の影響を受けやすいので、空腹時の服用をおすすめします。

 

空腹時は胃の中に内容物がないため、薬の吸収がより良くなるからです。

 

日帰り旅行向け。

 

2.サビトラ
持続時間は5〜10時間 とやや長く、食事の影響をほとんど受けないことも特徴ですが、もちろん空腹時の方が効果があることは変わりません。

 

1泊旅行向け

 

3.タダリス

 

持続時間が24〜36時間と最も長く、食事の影響も受けにくいのが特徴です。

 

持続時間が長くじわじわ効いてくることから、副作用も少ないと言われています。

 

週末、パートナーとゆっくり過ごしたい人向け。

 

食事ではありませんが、お酒の好きな人は、飲むとリラックスすることから、ついつい飲み過ぎてしまいがちですが、ED薬を使用する際には、お酒は普段の適量より少なめに したほうが良いと思います。

 

それと、より安心してジェネリックを使うためには最初に使用する際に医師の診断を受けることが大事です。

 

副作用を防ぐためにも、保険だと思って受診してください。

 

それぞれの薬の効果に特徴があるということは、シチュエーションに応じて使い分けることが出来るということです。

 

薬の特徴を理解したうえで、自分のスケジュールに合わせて使用すれば、より充実したパートナーとの時間が過ごせるでしょう。

 

ed治療薬ジェネリック比較の更に詳しい情報はこちらをご覧ください

 

ed治療薬ジェネリック副作用

 

ED薬を服用してみられる副作用は、「気分が悪くなる」「頭痛」「顔が赤くなる(ほてり)」「消化不良」などです。

 

副作用と言えば、怖い感じがしますが、薬が効いてきた証拠でもあるので、そんな
に深刻に考える必要はなさそうです。

 

また、光に過敏になりる、色が変化して見えるなど、一時的に目に影響の現れる方
もいます。

 

長期間服用する予定がある場合は、目の検査などについて医師に相談しておいた
方が安心でしょう。

 

それから、決して自分で量を増やしてはいけません。

 

決められた量以上を服用しても、効果の増大は望めず、かえって新たな副作用が出現したり、その程度が強くなることがあるからです。

 

なお、薬の服用後4時間以上勃起が続く場合は医師に連絡してください。

 

勃起の持続によってペニスが損傷し、勃起機能を失う危険性があります。

 

狭心症などの心臓病によく用いられるニトログリセリンなどの硝酸剤を使用している方はED剤の使用は避けてください。<

 

急激に血圧が低下し、重い副作用を起こすことがあり、最悪死に至ることもあるそうです。

 

硝酸剤には飲み薬だけでなく、舌下錠、貼り薬、吸入薬、注射、塗り薬、スプレーなどもあるので、注意が必要です。

 

いずれにしても、気になる症状が出た時には、恥ずかしがったり、面倒くさがったりせず医師の診察を受けてください。

 

特に個人輸入代行業者から通販で購入した場合などは、あくまで「自己責任」の世界なので、誰かに怒りをぶつけるわけにもいきませんからね。

 

副作用の少ないed治療薬ジェネリックの更に詳しい情報はこちらを参考にしてください

 

ed治療薬ジェネリック飲み方

 

ED治療薬ジェネリックを服用しても、効果が無いと感じたり、思ったほどの勃起が得られなかったりした人の大半は服用の方法に原因がある場合がほとんどなんです。

 

正しい服用の方法とは「完全な空腹時に飲む」ということです。

 

「完全な空腹時」とは、胃の中に食物が何も入っていない状態を言いますので、食事をしてから相当の時間(2時間以上)が経過したからと言って、消化が悪い食事や脂っこい食事をした場合は、薬の成分の吸収が悪くなり、それに伴って薬の効果も悪くなってしまいます。

 

ED治療薬を飲んだがあまり効かなかったという人の8割以上がこの間違いが原因なんです。

 

ED治療薬はちょっとお酒に似たところがあって、すきっ腹に飲むと、すぐに成分が血液に吸収されて効き目が早く、強く出るんですが、反対に胃の中に食物があるときは、薬の成分だけ優先的に吸収というわけにはいきません。

 

 

特に、脂っこい食事をした後は胃壁や腸壁に油膜ができているので、薬の吸収は極端に悪くなります。

 

その場合4〜5時間間を空けても、あるいは空腹感を感じるまで待っても、胃や腸の壁にできた脂肪のコーティングは解消しないことがあります。

 

パートナーと食事をしてからホテルへというのが普通のパターンですから、お腹をすかしてセックスするということに慣れていない人や抵抗のある人もいると思います。

 

バイアグラは使いたいがすきっ腹でセックスするのは嫌だ、という人は「完全な空腹時にED治療薬を飲んで30分間待ってから食事をする」というのがコツです。

 

30分あれば空っぽの胃から薬はほとんど吸収されて、成分の血中濃度は充分に高まっています。

 

薬が完全に吸収された後なら、胃の壁に脂の膜ができても関係はないんです。

 

ED治療薬の成分を血中に吸収させる事が最も重要な事なんです。

 

初めてのパートナーとのデートの場合、やはり食事内容に気をつけて脂肪分の少な目の食事や、食べる量も少し控えめにしましょう。

 

メニューは脂っこい洋食や中華などを避けて、さっぱりした和食系を選んだ方が無難です。

 

バイアグラジェネリックやレビトラジェネリックなどは飲んでから4〜5時間は効くとはいえ、効き目がマックスになるのは服用後1〜2時間目くらいですから、食後時間が経過すると薬の効果が薄れてきますので、最も効果を発揮する時間にベッドインするよう時間のコーディネートをしておきましょう。

 

正しい飲み方で最大限の効果を発揮するed治療薬ジェネリックの更に詳しい情報はこちらをご覧ください

 

ed治療薬ジェネリック比較最新情報

 

バイアグラの成分であるシルデナフィルの「物質特許」が2013年5月17日に特許権存続期間を満了し、勃起不全治療の「用途特許」が2014年5月13日に満了した事で、正式にどの製薬メーカーでもバイアグラのジェネリックを製造できるようになりました。

 

その後、各製薬会社も、「生物学的同等性」と、長期保存試験や加速試験などで「薬剤の安定性」を証明し、しかるべき手続きを経た後、厚労省から製造販売承認を得て2014年5月19日「東和薬品株式会社」は、1錠1200円の価格で「シルデナフィル OD 錠 50mgVI・トーワ」という商品名でバイアグラジェネリックの発売を開始ししました。

 

国産バイアグラジェネリックの第一号は、OD錠(水なしで飲めるように薬独特の苦みが無く唾液の水分だけですぐに溶けるお薬)という剤形で「レモン風味」「コーヒー風味」という2つの種類です。

 

ちなみに、発売開始日 2014年9月19日にキッセイ薬品工業株式会社から発売された「シルデナフィル錠 50mgVI・キッセイ」はOD錠ではありませんが、価格は1000円と少し低価格になっています。

 

2014年8月4日には「株式会社陽進堂」から発売され、8月20日には「武田薬品株式会社」から発売されました。

 

さらに、2014年10月には国内で6〜8種類のバイアグラジェネリックが登場することになりそうです。

 

国内でも、一気にED治療薬で最も知名度のあるバイアグラのジェネリック薬を巡って、熾烈な戦いが繰り広げられそうです。

 

われわれ消費者にとっては、競争の原理によって価格がもっと安くなることも期待できますし、選択肢が沢山あることは歓迎すべきことですよね。

 

ただ、インターネット通販でインド製のバイアグラを購入すると100mg錠が1錠1970円ですから、50mg錠に換算すると半分の985円になるので、国産品は若干高めという価格設定ですね。

 

さらに、インド製のバイアグラジェネリック「カマグラゴールド」ですと、100mg錠が1錠744円ですから、50mg錠に換算すると372円になります。

 

国産品の安心感を取るか、価格がリーズナブルな輸入品を選ぶか、購入する人は「贅沢な悩み」を経験しそうです。

 

ed治療薬ジェネリックの更に詳しい情報はこちらを参考にしてください

 

国産バイアグラジェネリック解禁

 

ED治療薬の中で最も有名な「バイアグラ」の成分である「シルデナフィル」の「物質特許」が2013年5月17日に特許権存続期間を満了し、勃起不全治療の「用途特許」が2014年5月13日に満了した事で、正式にどの製薬メーカーでもバイアグラのジェネリック薬を製造できるようになりました。

 

ただし、健康に影響を及ぼす可能性のある医薬品に関しては、特許期限が満了したからといって、すぐに製造販売出来る訳ではないんです。

 

厚生労働省の定めた「生物学的同等性」と長期保存試験や加速試験などを行って、「薬剤の安定性」を証明した後、厚生労働省から製造販売承認を得てやっと発売を開始できるんですね。

 

そのような段階を踏んで、国産バイアグラジェネリックの第一号が発売されました。

 

テレビで黒柳徹子さんがCMをしている、「東和薬品株式会社」から「シルデナフィル OD 錠 50mgVI・トーワ」という商品名で、2014年5月19日に発売を開始しました。

 

2014年5月13日に「用途特許」が満了した一週間後の発売ということは、だいぶ前から準備をしていたと考えられますよね。

 

ジェネリック最大手のプライドをかけて、最初に発売したとも言えます。

 

薬の形状は「OD錠」と言って、水が無くても飲みやすいように苦みを抑えて、唾液の水分のみでもすぐ溶けるように作られているんです。

 

風味も「レモン風味」「コーヒー風味」の2種類という芸の細かさです。

 

身になるお値段は、1錠1200円という多少割高感がある価格設定です。

 

国産と言う安心感はあると思いますが、この値段でどこまで販売を伸ばせるのか、注目ですね。

 

ed治療薬ジェネリックをもっと詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください

 

ホーム RSS購読 サイトマップ